配偶者ビザで不許可になりやすいケースの対応策記事一覧

夫婦の年齢差が大きいと配偶者ビザの取得は難しくなります。

夫婦の年齢差が大きい年の差婚の国際結婚カップルは、入国管理局から結婚の信憑性を大いに疑われます。年齢差が小さい夫婦よりも不許可リスクが大きくなる場合が多いです。10歳程度なら、大きく問題にはなりません。15歳差辺りから審査官の目が厳しくなってきます。20歳を超えるとさらに厳しくなり。30歳差になると…年齢差が大きいと審査が厳しくなる理由年齢差があるカップルが問題になりやすい理由は以下の通りです。・...

Read More
【配偶者ビザ・大阪】紹介所や仲介会社のお見合いでの国際結婚

出入国在留管理局の審査が厳しいことで有名なケース、外国人の恋人紹介所を通して出会ったパターンです。日本人配偶者が、複数回、外国にいるパートナーに会いに行っても・・・            ↓婚姻の信ぴょう性や安定性・継続性を疑問視されて不許可になるケースが珍しくありません。国際結婚相談所を経由した出会いの流れ外国人と結婚したいと考えた方が、紹介所へ相談に出向きます。           ↓相談所の...

Read More
出会い系サイトがきっかけの国際結婚はビザが下りにくい。

出会い系サイトやマッチングサイトがきっかけの国際結婚。今のようにインターネットが発達した時代なら、別段に珍しいものではありません。日本人同士ならば、区役所に婚姻届けを提出するだけですみますが、外国人と日本人の夫婦の場合は事情が異なってきます。婚姻手続きも両方の国で行う必要もあります。国際結婚したカップルがで一緒に暮らすには、入国管理局から在留資格「日本人の配偶者等」の在留資格を頂かないといけません...

Read More
世帯収入が少ないと在留資格(結婚ビザ)が許可されにくいです。

夫婦の年齢差が大きい、結婚紹介書のお見合い、出会い系サイトの場合は結婚の信ぴょう性が疑問視されるパターンです。今回の世帯収入が少ない場合は、結婚生活の安定性や継続性に不安要素ありとされて不許可にされやすいケースです。所謂、結婚・配偶者ビザと呼ばれる在留資格「日本人の配偶者等」を取得するための要件は2つあります。・偽装結婚でないこと・結婚生活が国や公共団体など公共の負担にならないこと。公共の負担にな...

Read More
過去に離婚歴があると入管の審査が厳しくなります。【配偶者ビザ】

在留資格の申請で審査時間が屈指の長さを誇るのが「日本人の配偶者等」と「永住者の配偶者等」の身分系のビザです。在留資格認定証明書の平均的な審査期間がそれぞれ、58日と68日と二か月くらい掛かるのが特徴です。一番早い在留資格が「介護」の7日間、二番目が「法律会計」の8.5日です。審査時間の差は7倍前後もあります。それだけ結婚ビザや配偶者ビザが慎重にチェックされているという証拠です。今回ご紹介する不許可...

Read More
出会いが夜のお店(水商売)の国際結婚は審査が厳しい【配偶者ビザ】

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで「外国人パブ 」などのキーワードで検索するとフィリピンパブやロシアンバー、中国ラウンジなど外国人の女の子が接客をしてくれるお店がヒットします。のミナミや北新地などの歓楽街にはこの手の店が存在します。男性であれば仕事や個人的に来店した経験がある人は少なくないでしょう。そこで接客する彼女たちに一目ぼれする人もいるでしょう。何度も通い詰めてデートにこぎ着け、...

Read More
交際期間が極端に短いスピード婚は不許可リスク高い【配偶者ビザ】

個人的にはビビッと来たヒラメキ婚もありだと思いますが・・・個人的にはスピード婚自体は、全く変な話だとは思いません。私の周囲にも付き合って半年くらいで結婚した人もいます。少し(かなり)古い話になりますが、某有名女優が年下の男性歯科医師と電撃結婚した話があります。当時ニュースで散々騒がれた話ですので、ご存知の方は多いと思います。交際して2か月で結婚した彼女の言葉「ビビビっときた」は流行語になったくらい...

Read More
交際期間を証明する写真を無いと不許可になり易い【配偶者ビザ】

2人で映っているスナップ写真がない、数が少ないと入国管理局の審査が厳しくなってしまうことを紹介したイラスト。写真嫌いの人は意外と多いです。カップルで写真を撮らない人は意外といますね。男性側が彼女と一緒に写真を撮るのが恥ずかしい・・・写真映りが悪くて、変な顔になるから2人の写真を撮りたくない。自分の写真は集合写真で後ろの方でしか映りたくない。知恵袋などで彼氏が2人の写真を撮ってくれないと悩んでいる方...

Read More
技能実習生と結婚したとき。【配偶者ビザ】

外国人研修生と結婚してで暮らすには、一度在留資格をリセットする方が確実であることを説明するイラスト。技能実習生と日本人の結婚は意外と多いです。国際結婚といえば、日本人駐在員が現地の異性と恋に落ちて結婚したり、学生時代からお付き合いしていて結婚したケースを想像しますね。または外国人とのお見合いやマッチングサイトの通じての結婚もポピュラーかなと思われます。意外と外国人技能実習生と日本人のカップルも少な...

Read More
国際結婚で別居は配偶者ビザの審査が厳しくなる【同居が大前提】

別居状態でも別居に納得できる理由があれば、在留資格の更新や許可が下りることを女性行政書士が説明したイラスト。別居状態ですけども配偶者ビザの更新は可能でしょうか?別居状態でも理由次第では結婚ビザが下りることを説明した4コママンガ。国際結婚のビザ更新の相談で偶にあるのが、「現在別居しているけども在留資格を延長できますか?」というものがあります。この段階で言えることは、別居している事実だけで不許可には...

Read More
結婚ビザの問題は一つではなく複数のトラブルが有りが大半です。【配偶者ビザ】

配偶者ビザで難しい案件は複数の問題の解決が必要であることを女性行政書士が紹介しているイラスト。国際結婚したカップルがで暮らすために入管でビザの申請を行います。多くの場合は大きな問題がなく、スムーズに許可が下ります。しかし結婚内容に問題を抱えている人も一定数居られます。多くの場合で、単一のトラブルではなく複数の懸念事項が存在します。配偶者ビザで不許可になりやすい案件配偶者ビザで出入国在留管理局の審査...

Read More
国際結婚と再婚禁止期間の関係について【配偶者ビザ】

再婚禁止期間が国際結婚にも適用されることを紹介する女性行政書士のイラスト。この記事は再婚禁止期間(待結期間)が国際結婚と結婚ビザにどの様な影響を与えるのかをご紹介します。再婚禁止期間とは文字通り再婚が出来ない期間のことです。一組のカップルが結婚する場合、女性が再婚だった場合に存在する制約のことです。離婚した女性は次のパートナーが見つかっても、すぐには結婚することが出来ません。日本では①離婚後100...

Read More
夫婦の日常会話で使う言語も配偶者ビザの審査対象。

結婚ビザの審査で夫婦のコミュニケーションが重要視されていることを説明する女性行政書士の画像。最近の在留資格「日本人の配偶者等」の審査で、夫婦の日常会話で使われる言語が非常に重要視されています。出入国在留管理庁の必須書類である質問書全体の1割が会話に関するものです。入管局が発行する質問書の画像を見ると、かなり突っ込んできます。画像の質問書の書き方は別コンテンツになっています。ご興味のある方は、こちら...

Read More
ページの先頭へ戻る